たんぽぽコーヒーとは

古い歴史のあるたんぽぽコーヒーとは?

たんぽぽコーヒーを初めて聞いた方は、「たんぽぽから作られたコーヒー?」「おいしくなさそう」「どういうものか想像できない」などと思ったのではないでしょうか?

ここでは、たんぽぽコーヒーとはどういうものか、ご説明したいと思います。


たんぽぽは、中国では、古くから漢方薬として、またヨーロッパでは、薬草として利用されてきており、食用として広く知られています。

ヨーロッパでは、たんぽぽは、各家庭で手作りコーヒーの材料として昔から愛されてきたのですが、日本では、食用とする習慣がないので、たんぽぽコーヒーと聞いてもピンとこない方が多いですよね。

たんぽぽコーヒーとは、「たんぽぽの根っこ」をコーヒー豆のように焙煎して、粗挽きして作った飲み物です。
色や風味が、コーヒーに似ており、「コーヒー」と呼ばれていますが、厳密に言うと、「たんぽぽのお茶」であり、コーヒー豆は一切使われていません。
原材料にたんぽぽの根っこを使っているので、カフェインが一切含まれておらず、カフェインの摂取を控えたい方にも安心してお飲みいただけます。

普通のコーヒーのような香ばしさで、苦みが少なく、ほんのり甘いので、そのまま飲んでもおいしく飲むことができます。

また、普通のコーヒーと同じように、ホットでもアイスでも飲むことができますし、好みに応じて砂糖やミルクを入れて楽しむこともできます。

市販されているたんぽぽコーヒーは、ティーバッグタイプのものやドリップタイプ、インスタントコーヒーのような粉末や顆粒タイプのものがあり、好みのタイプから選ぶことができます。


たんぽぽコーヒーは、手軽な値段で試せるものが多いので、ぜひ一度、その風味を味わってみて下さい。

たんぽぽコーヒー関連情報

たんぽぽコーヒーとは、どんな飲み物なのでしょうか?
たんぽぽコーヒーの由来や特徴をご紹介していますので、どうぞご覧ください。

 
サイトマップ
Copyright (C) 2012 たんぽぽコーヒーは、妊娠中・授乳中でも安心して飲めますか? All Rights Reserved.